徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

時間。

昼の仕事から、夜の演奏仕事に行く間、とあるお店でサンドイッチとコーヒーを飲んで時間をつぶすことが多いです。
空腹を満たす幸福感と、コーヒーのリラックス感と、本番前の緊張感と、いろんな感情が入り混じる時間です。
毎回「上手く弾けなかったらどうしよう」と不安になるけど、2ndに入る頃はお客様のボルテージに助けられて、楽しく完奏することでしょう。
きっと大丈夫。
今夜は湯島です。それでは行ってきます。

実績。

自分の過去の年間の案件件数を数えてみた。


〇2019年 29件
〇2020年 32件
〇2021年 44件

忙しくなった体感はあったけど、やっぱり増えた…。

でも、もっと増やしたいと思ってます。
今のところ、年間100件を目標に掲げているのでまだまだ遠いです。

年間100件って月々8~9件です。
昼の仕事をしつつ、月にそれだけの件数をこなして、練習して、ジムにも通うって結構大変だろうな。
時間の使い方が問われると思います。

2021.12.18@前橋。

f:id:hachi_and_kuma:20211219081656j:plain

群馬でライブでした。
乗り換えで高崎駅で降りた瞬間、空気が冷たすぎて悲鳴が出ました。この数日でいちばんの寒さだったようです。
そういえば、電車から見える赤城山、吹雪いて真っ白けでした。

会場は前橋市内にあるジャズ喫茶で、以前ここに訪れたのはコロナの直前…2年前でした。
あの時より上手く弾けたかなぁとは思うけど、自分まだぜんぜんヘタクソです。いつも恥をかいてばかり。
でも最後に「黒いオルフェ」を演奏した時に母が感動の涙をポロポロ流してたから、気持ちは伝わったのかなあ……って思いたいです。

夜、前橋駅からちょっと歩いたところにあるショッピングモールへ行って、群馬のソウルフード「登利平」の鳥飯を食べました。
子供の頃から親しんだ、安定感のある味です。
中学生の頃の文化祭のランチはいつもコレだったなー。

いろいろ感慨深かった故郷群馬での演奏。
また修行を重ねて戻ってきます。
f:id:hachi_and_kuma:20211219042334j:plain

買い物。

f:id:hachi_and_kuma:20211217083242j:plain
とりいそぎ、中古のダイレクトボックスを買ってみました。

思ったよりでかい。
名刺サイズくらいなのかなと思ってたら、豆腐一丁分ほどあります。
そして、ズッシリしています。まさに豆腐。

これだけでは使えないので、さらにキャノンケーブルとパッチケーブルも揃えました。
これらを駆使して、ベースアンプがない環境での演奏が少しでも快適になればよいのですが。

最近、やたら買い物してます。
他にもエレベ用のケースも欲しいし、今朝プロテイン切らしたので買い足さなきゃならないし、やたらお金がかかります。 昨日から電卓ばっか叩いてる気がする。
収入を上げたいな。

対面。

f:id:hachi_and_kuma:20211216155357j:plain

セッションで知り合ったベーシストの方が、陣内さんの歌伴するというので行ってきました。

わたし、高校生のとき、陣内さんのファンクラブに入っていたんです。
雑誌の切り抜きを集めたり、ラジオやCDをよく聴いてました。
高校生活はいい思い出なんてないけど、プライベートはいろんな音楽に触れて地味に楽しんでいたのです。

そんな女子高生が大人になり、陣内さんに初めてお会いする機会がやってきた。
会場は飲食可能だったので、お酒をチビチビやりながら"かぶりつき"でライブを楽しみました。
CDで聴きこんだ楽曲や、歌声を生で体験できたのは幸せすぎたし、ぜんぜんお変わりないのもうれしかったです。

終演後、出入り口でお見送りをされていたので、少しご挨拶して握手もしていただいた。
facebookお友達申請してよいですか?」と尋ねたら、ご快諾してくださったので、帰りの電車の中から速攻申請しました。

遠い存在だった人と少しだけ距離が近くなって、なんだか不思議な気分でした。
JAZZやってなければ、こんなこともなかっただろうなあ。

 

いつでもお声がかかってもいいように練習頑張ろう!?

演奏環境。

f:id:hachi_and_kuma:20211214174623j:plain

最近すごく悩ましいのが、ベースアンプがないお店の演奏です。

とあるお店には出力10wのアンプしかなくて、それを使うと当然音割れします。
対策としてミキサーにエレベを直でつなぎ、店内のスピーカーから出力しました。
共演者とお客様からは概ね好評だったのですが、自分の方に音が聞こえないのです。これは致命的で、非常にストレスです。

……なので、「返し」を作る方法はないかとか、ベースアンプを持参したほうがいいのかとか、楽器とベースアンプを両方運搬できる方法はないかとか、立ち位置の問題かなとか、また出費があるのやだなとか、ここ数日こんなことばかり考えています。
そんなぐるぐる思考が続いてちょっと疲れてしまいました。
快適な演奏環境は、自分で作らなければいけない時もあるんですね。

-------------------------------------------------

昔、ビッグバンドのリサイタルに出演した際にPAさんが、わたしのアップライトベースから出ているシールドを黒い箱のようなものにつないでいたのですが、あの箱の正体は「ダイレクトボックス」といって、音声の劣化を防ぐ機材らしい。
わたしもダイレクトボックスを使えばもうちょっとベース音が明確になるかなーと、少し希望が見えました。
1個くらい持っていてもよさそうだなあ。