徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

サムタイムアイムブルー。

f:id:hachi_and_kuma:20201016190052j:image

本来、ジャズは楽しむべきものなのに、時にどうしてこんなにわたしを苦しめるんでしょう?

昔、デビューを控えたとあるボーカリストさんから

「ジャズを学ぼうとするほど、その世界が途方もなくて愕然とする」

というような話を聞いたことがあり、当時は適当に相槌を打ってしまったのですが、今ならその気持ちがとてもよくわかります。

ジャズは奥深く難しいです。

 

いろいろ不安や悩みや怖れは尽きないのですが、それでも、日々を淡々と過ごし、いつものルーティンをこなすことで、心に平穏が訪れるような気がします。

 

今週末と来週はセッションホストと歌伴奏の仕事が待ってます。

なんとかうまくやれますように。