徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くだけのblog

金沢。

f:id:hachi_and_kuma:20210405114711j:plain

3日間ばかし、金沢へ行っておりました。
群馬に帰省する際、時々北陸新幹線を利用して高崎で下車するのですが、
「いつか終点の金沢まで行ってみたいなあ」
という思いがあり、それがようやく叶ったというわけです。

有名な兼六園を始め、21世紀美術館武家屋敷、茶屋町、近江町、泉鏡花記念館、柳宗理デザイン研究所などを、徒歩&バスでまわりました。
金沢では「弁当忘れても傘を忘れるな」という言い伝えがあるほどよく雨が降るそうで、滞在2日目はまる1日雨天でした。
でも、雨に濡れる古い町並みも風情がありオツでした。

金沢は古い文化を大事にしながら、積極的に若い感性や近代的なものも受け入れていて、とても懐が深い街と見受けました。
都会だけどもギラギラ・ゴミゴミしておらず、時間がゆっくりと流れているところもよかったです。
3日間の滞在で目が古い町並みに慣れていたので、帰りの新幹線の車窓から丸の内のビル群を見たときは、ものすごい未来都市にワープしてきたように感じました。

旅はいいですね。
また、どこかへ行きたいです。

f:id:hachi_and_kuma:20210407173550j:plain