徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

ルーツ。

わたしがジャズを好きになったのは、父親の嗜好が遺伝したんだと思います。

父は「オーディオ好き」というやつで、ついでにLPをたくさん所有してました。

キャノンボールとか、レッド・ガーランドとか、ウェザーリポートとか、いろいろ持ってたよなーとか、アルバムジャケットのデザインと共に思い出します。

 

特に父は日本人のジャズを好んでいたようで、TBMレーベル(three blind mice)のアルバムも多数棚に並んでました。

中でもOMAさんこと鈴木勲さんの「BLACK ORPHEUS」をこよなく愛していて、わたしがジャズを学ぶようになってからは、新宿のピットインへOMAさんを一緒に観に行ったりもしました。

 

TBMのアルバムのなかで、わたしも一枚お気に入りがあるので紹介しときます。

中本マリさんのこのアルバム、大好きなんです。

f:id:hachi_and_kuma:20210531112715j:plain

マリさんのハスキーな歌声素晴らしいし、オマさんと渡辺香津美さんの歌伴も至高ですよ。

わたしの語彙力では良さが語れないので、どこかで聴いてもらえたら嬉しいです。