徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くだけのblog

わたしの音色。

きのうはお世話になってるピアニストさんのリーダーライブを、横浜のドルフィーへ観に行きました。

わたしはベースをかぶりつき席で観ていたのですが、そのベーシストさんの演奏を眺めながら、
「今後の自分はどんな演奏をしたいのか」
とか、
「わたしもこんなことができるようになりたいな」
とか
「こんな奏法もあるんだなあ」
とか、想いをめぐらせつつ楽しませていただきました。

今まで考えもしなかったけれど、これからは自分の"音色"や"間"をを追求していきたいと、最近思うようになりました。
一音弾いただけで「これはサリーの音色だ」とわかってもらえるようになりたいのです。
大それた目標すぎて、それが叶うかどうか想像もつきませんが、これからもベースとともに歩んでいきたいです。