徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

90’s.

f:id:hachi_and_kuma:20210823025913j:plain

最近、SNSを眺めてたら、懐かしのブランド「スーパーラヴァーズ」が再始動したと知って胸がキュンキュンしてしまいました。このハートのマーク!
90年代の若かりし頃、電車に乗って高崎ビブレ内の店舗に足を運んだものです。
いろいろ思い出します。


あの頃(ハタチそこそこ)のわたしのファッションは血糊が付いたTシャツ着たり、髪にピンク色を入れてみたり、厚底のブーツを履いたり、けっこう尖っていたのです。
パンク系」とか言って、服を安全ピンでデコレーションしたりね。
当時の愛読書は「FRUiTS」という原宿ストリートスナップの雑誌で、この雑誌を眺めては東京のオシャレさん達に憧れを抱いてました。


ああいう服装で町内を歩けたのはまさに若気の至りです。
今は当時と同じ服装はさすがに無理だけど、もし今のオフィス仕事をクビにでもなったら、また髪をピンクに染めてみたいです。