徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

忖度しなければよかった。

先日、ひさびさにお客としてジャムセッションに行きました。

とある男性ボーカル(70代)が1曲歌った時の事でした。
その曲、歌詞のラストに「初めてのキス」という言葉が出てくるのです。
歌い終わりとともに、伴奏をしていた男性ピアニスト(20代)に向けて、マイクを通して
「〇〇くん、初めてのキスはいつ?」
と、聴衆の前で投げかけたのです。たぶん、マイクパフォーマンスの一環なんでしょうけれど。
ピアニストの方も戸惑った様子で答えていて、それに対してこのオッサン御仁も「遅いなあ」なんて、よくわからないマウント取っている有様。

わたし、客席でその様子を見てて、こりゃセクハラだろと思ったのです。
「セクハラですよー」というヤジが喉まで出かかったけど、会場の雰囲気を壊してしまう気がしてできなかった。
でも、せめてその男性ボーカルに、"先ほどの発言は時代にそぐいませんよ"と、いうことをコッソリ伝えればよかった。

後悔しているのです。忖度しなければよかった。