徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

2021.12.18@前橋。

f:id:hachi_and_kuma:20211219081656j:plain

群馬でライブでした。
乗り換えで高崎駅で降りた瞬間、空気が冷たすぎて悲鳴が出ました。この数日でいちばんの寒さだったようです。
そういえば、電車から見える赤城山、吹雪いて真っ白けでした。

会場は前橋市内にあるジャズ喫茶で、以前ここに訪れたのはコロナの直前…2年前でした。
あの時より上手く弾けたかなぁとは思うけど、自分まだぜんぜんヘタクソです。いつも恥をかいてばかり。
でも最後に「黒いオルフェ」を演奏した時に母が感動の涙をポロポロ流してたから、気持ちは伝わったのかなあ……って思いたいです。

夜、前橋駅からちょっと歩いたところにあるショッピングモールへ行って、群馬のソウルフード「登利平」の鳥飯を食べました。
子供の頃から親しんだ、安定感のある味です。
中学生の頃の文化祭のランチはいつもコレだったなー。

いろいろ感慨深かった故郷群馬での演奏。
また修行を重ねて戻ってきます。
f:id:hachi_and_kuma:20211219042334j:plain