徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

感想。

今日はジャムセッションのリーダーを初めて務めました。
相方の米山さんも、お集まりいただいた貴重なお客さまも最高に素晴らしい演奏で、
「わたしがチャージ払ったほうがいいんじゃ?」
と、思ってしまいました。

また同じメンバーで集まれたらと思いますが、そうもいかないのがジャムセッションのステキなところであり、切ないところです。

反省点もあるけど素晴らしいプレイヤー達と演奏できてわたしは心の底から楽しかったし、もっと上手くなりたいと思ったし、刺激受けたし、コタツに寝転がってこれを書いている今も素敵な余韻が残っています。
さらに腕を上げて、またご一緒したいと心から願います。

懲りずににまた、サリージャムにチャレンジしてみよう。
春くらいに。うーむホント楽しい時間だった。