徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くだけのblog

メガンテ。


日曜はセッションホストをしてました。
若いベーシストの男性がいらして、お話によるとつい先日、高校を卒業されたばかりとのこと。
そして、ジャズベースを始めて数週間だけど、この日初めてジャズのセッションに参加してくださったとのこと。
まずは若さが眩しかったし、物怖じせずに見ず知らずの場所へ来て下さったことが尊いと思いました。わたしにはそんな度胸はないのです。

一方わたしは、この日も相変わらずな感じで、自分こんなんで大丈夫かしらと、モヤモヤと考えてました。
もう、どうにもならないので、やるだけやって砕け散ろうと思います。
クビになったら、ああそうですかと受け入れるし。

↓ところでわたし体格、フォルムが明らかに変わった気がします。
演奏で落ち込んでばかりなので、こんなことで自分を肯定するしかないのです。
自分は、自分の味方でいないとなぁ。

最近、12kgの鉄球を持ち上げながらのスクワットをやらされてます。