徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

酔いしれ。

昨晩は横浜のドルフィーへRonnieこと名取俊彦さんのTrioを観にいきました。
演者の幸福感、陶酔感がビシビシと伝わってきて、わたしも酔いしれました。
アヴェ・マリアからSolarに突入する流れ、意表を突かれておもしろかったなあ。
またRonnieさんと演奏したいな。

そして今回のベーシスト、ジャンボ小野さんが噂のベース(イタリア製の400年前のもの)に触らせてくださった。楽器の裏にはマリア様が埋め込まれてます。
まろやかでいい音でした。
もう少し触れていたかったけど、Cのスケールだけちょこちょこっと弾いて、直ぐにお返ししました。
貴重な体験ができてとても嬉しかった。自慢がひとつ増えました。


↓この通り、ボディ大きめです。
400年前って日本は何時代だ……と思って調べたら、江戸時代初期だそうです。
 (左におられるのはジャンボさんです)