徒然のサリー

ジャズベーシスト古城サリーがクダを巻くblog

夏。


昨日はそこそこ早くウチを出て、七里ヶ浜へ行きました。
予定通り海辺のカフェで泡を飲み、何品か食べ物をつまんで、最後は念願の青い富士山を模したクリームソーダで締めくくりました。

相模湾の砂浜は鉄が多く含まれているそうで、夏は太陽に熱されて熱々になります。また、カツオノエボシ(猛毒クラゲ)がたくさん打ち上がっているので歩く際は注意が必要です。
それでも裸足になり、ひんやりとした海水に足を浸して海風と潮の香りを存分に吸いました。うっかりワンピースの裾を濡らしてしまいましたがそれもまた一興です。

夏は苦手。でも、こんな遊び方ができるのなら決して悪くないのかもしれない。
しかし東京に戻り、アスファルトの照り返しを受けた瞬間に、はよ夏終われと思いました。